“夜鴉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よがらす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜鴉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
十名の影はみな武者ぶるいした。そして夜鴉よがらすのような群ら影を躍らせて児屋郷の長い田圃道たんぼみちを駆けきそった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
点々と、邸の中を、雪の中を、夜鴉よがらすのように疾駆しっくしている黒い人影と刃影はかげ——一学は見た途端に総毛立った。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)