“太股”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふともも84.4%
ふともゝ6.3%
ももどう3.1%
ふとまた3.1%
もも3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石原は太股を半分泥にしただけで、岸に着いた。獲ものは思い掛けぬ大さの雁であった。石原はざっと足を洗って、着物を着た。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
ローザラインののやうな眼附、あの高々とした、あの眞紅、あの可憐しい、あの眞直、あのぶる/\とへる太股乃至近邊にある處々けてりまするぞ。
それでも友達甲斐に連れて来てやれあ、ヤレ寒いとか、太股の痛いとか、太平楽ばっかり祈り上げ奉る。この石垣の下に捨てて行くぞ……エエこの胆泥棒……
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
扁平な漁場では、銅色の壮烈な太股が、林のように並んでいた。彼らは折からのが着くと飛沫を上げて海の中へんだ。子供たちは砂浜で、ぶるぶるえる海月んで投げつけ合った。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
そいつが出刃包丁えた女の生首刺青の上に、俺達の太股ぐらいある真黒な腕を組んで、俺の寝台にドッカリと腰をしてをグッとき出したもんだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)