“もも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モモ
語句割合
36.2%
35.4%
19.8%
5.8%
百々1.2%
0.8%
太股0.4%
桃実0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女のの下に蠢くものは、決して水鳥の筋肉ではなくて、羽毛に覆われた人間の、肉体に相違ないことを確めることが出来ました。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
お庄はのあたりにびっしょり汗を掻きながら、時々蓄音機の前や、風鈴屋の前で足を休めて、で眠りかける子供を揺り起した。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
そしていろの封筒へ入れて、岩手西根山、山男殿と上書きをして、三の切手をはって、スポンと郵便函みました。
紫紺染について (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
この時貫一は始めて満枝のを移せり。を含みてへし彼のは、だ言はずして既にその言はんとせるをば語尽したるべし。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
農地開発の仕事でボルネオに居り、かくいう次女の百々子は、徴用で行った名古屋の工場で、冬まで寝こんでしまい、渋谷の奥のバラックの借家で、一家五人の顔が合ったのは、それからまた
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
計を決しち大いにんで烏竜とう、狗声に応じ奴を傷つく、奴刀を失し伏して地に倒る、狗ついに奴の頭をう、然、因って刀を取って奴を斬り、婦を以て官に付しこれを殺すと。
そいつが出刃包丁えた女の生首刺青の上に、俺達の太股ぐらいある真黒な腕を組んで、俺の寝台にドッカリと腰をしてをグッとき出したもんだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)