“つづみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
93.5%
5.6%
小鼓0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その洋燈は細長い竹の台の上に油壺め込むようにえたもので、の胴の恰形に似た平たい底が畳へ据わるように出来ていた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
温泉宿からへ登って行く途中に、清冽な泉がき出ている。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
眼でも悪いのか、しょぼしょぼした目蓋をしなくわせながら、小鼓の望月は二三歩先に立って道を拾う。
助五郎余罪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)