半之助祝言はんのすけしゅうげん
折岩半之助が江戸から着任した。 その日、立原平助が桃の咲きはじめたのを見た。次席家老の前田甚内の家の桃である。平助はそれについて次のような感想を述べた。 「南枝一輪、桃などもそう云っていいものかどうか、ともかく南面の枝に三つ四つ、ふっくらと …
作品に特徴的な語句
はに つか ほこ さえ とき 嫋々なよなよ かか さら 独楽ごま がゆ 種蒔たねまき きぬ あし しつ はり ひら いささ 仔細しさい おっ 俯向うつむ かし 凄艶せいえん 区劃くかく ひる かえ 双眸そうぼう 可笑おか ども 吃驚びっくり あき つぶや 呶号どごう とが せき 唖然あぜん すす のど 喧嘩けんか せき 外壕そとぼり 孔雀くじゃく 家扶かふ 容喙ようかい もっと きっ かば 復讐ふくしゅう たちま ゆっ 愁眉しゅうび 慰藉いしゃ 慷慨こうがい 我儘わがまま 折檻せっかん くく こぶし こしら おお そろ 揶揄やゆ くすぐ 放蕩ほうとう まだら 昂奮こうふん 明晰めいせき 暢気のんき しばら かつ ふくろう こわ 泉池せんち 浮木うき 溜息ためいき つぶ 灌木かんぼく 煎茶せんちゃ さわ 狡猾こうかつ はなは 田圃たんぼ 畷道なわてみち かゆ にら まれ ひえ 笙子しょうこ はし しゃ すが