“紛然”の読み方と例文
読み方割合
ふんぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あらゆる角度をもって雑然紛然と立ち並ぶ大通り、横丁、抜け道……東京じゅうのどこを探したって浅草公園ほどよくできた迷路があるだろうか。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
紛然雑然糅然としてあたかもコンノート殿下歓迎の当時における都人士狂乱の態度をて脳裏をかけ廻る。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もし集めた書籍であるとすれば、其処に何か全体に通ずる脈絡へてゐなければならぬ。しかし僕の架上の書籍は集まつた書籍である証拠に、糅然紛然としてゐる。
蒐書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)