“雑然紛然”の読み方と例文
読み方割合
ごたごた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
再び見る東京の雑然紛然とした過渡期の空気に包まれていたことも、半蔵の想像以上であった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)