“印判”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はん50.0%
いんばん25.0%
ハンコ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「送り状に、ご直手とございます。宛名のお方に、じかにお渡し致して、ご印判を頂戴いたします」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それが朱肉の、奇麗な印判になると、自然古い商業の、法則と反したものが流れてきて、古い取引が倒れたり、新らしいやりかたが破産したりしたものと見える。
私はもちろん肝心の保証人になって印判すつもりであったから先祖伝来の途方もない大きなハンコを一個首からぶら下げ
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)