“はん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハン
語句割合
20.6%
16.4%
14.1%
10.3%
7.4%
6.4%
3.5%
3.2%
1.9%
赤楊1.6%
1.6%
1.3%
1.3%
1.3%
1.0%
1.0%
0.6%
0.6%
印判0.6%
0.6%
0.6%
0.3%
0.3%
印刷0.3%
印章0.3%
0.3%
奇数0.3%
0.3%
板木0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麦の畑をいた細い道は、向こうに見えるひょろ長いの並木に通じて、その間から役場らしい藁葺屋根水彩画のように見渡される。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
人の男はなるゆゑ九出し(●頭●両耳●鼻●両手●両足●男根)女は十す。(男根なく両乳あり)九は十は長の也。
「まあ、ごのしたくをれていた。なんにもこさえてない。一昨日のすずらんの今朝パンだけをたべましょうか」といました。
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「もうに、練馬の、豊島園の裏へつくったへ越すので『女人芸術』のと、あなたのとのをこしらえてあげたいって。」
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
我々が林中の木を一本一本に叙述するのを避けて、自然をれて逃がれんとするがごとくもてなすと、ますます自然に近くなります。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これにしてからのは、荒々しいを、しいのいただきを、もったれてくるからでありました。
大きなかしの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
これらの門弟たちは、全国六十余州からを負って集ったもので、全然門弟の来なかったは、たしかに二つくらいしかない。
淡窓先生の教育 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
「江戸の絵図面をにおこして、売りさばいている店は、たしかにそのほうのところだったと存じて参ったが、違うかな」
晉では當時中行氏の亂で手を燒いてゐた。齊・衞の諸國が叛亂者の尻押をするので、容易に埒があかないのである。
盈虚 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
庸介は、そこの赤楊の木の根に尻もちをついて、われにもなく、恍惚として遠い昔に思をせているのであった。彼の足もとのあたりには、小さな赤蟻の群が頻りに何か忙しそうに活動していた。
田舎医師の子 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
飲食店の硝子窓に飲食物の模型を並べ、之に価格をつけて置くようになったのも、むことを得ざる結果で、これまたを大阪にったものだという事である。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
僕知る所葉山左内なる者、食禄五百石、中老に列す、そのまたに六十余、官暇あれば出でて大洋に漁す、常に曰く、「海島の士かくの如くならずんば、事に臨んで用をさず」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
命じておいて、袁紹は旗下一千余騎、弩弓手五百、槍戟の歩兵八百余に、旒旗大旆などまんまるになって中軍を固めた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
千代松はも自分の坐るところへ例ものやうな形に、こでした如くキチンと坐つて、肩を搖り/\低い聲で言つた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
加之洞のには、怎麼なる猛獣べりて、怎麼なる守備ある事すら、更に探り知る由なければ、今日までかくは逡巡ひしが、早晩爾を捕へなば、糺問なして語らせんと、日頃思ひゐたりしなり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
『本草啓蒙』に、一種足長蛸形章魚に同じくして足長し、食えば必ず酔いまたを発す。雲州でクチナワダコといい、雲州と讃州でこれは蛇の化けるところという。蛇化の事若州に多し。
張鴻業という人が秦淮へ行って、なにがしの家に寄寓していた。そのは河に面したところにあった。
享保十年九月七日越後高田の城主榊原家郡奉行伊藤右衞門公事方吟味役小野寺源兵衞川崎金右衞門其外役所へひければ繩付のまゝ傳吉を引据訴訟人上臺憑司をも呼出し伊藤はめしく白洲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
というのは、切りかけたが最後、印判で捺したように天狗のために切り捨てられるのであった。
くろがね天狗 (新字新仮名) / 海野十三(著)
『ああワイの流れ! 林間の逍遙子よ、いかにしばしばわが心汝に振り向きたるよ!』その通りであった。わが心はこれらの圧力を加えらるるごとにしばしば藩匠川の風光をった。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
泥に住むみみずは泥を
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
「よしっ、とゆく」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
!」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴方は今夜は現場勤務じゃないでしょう。出勤簿には欠勤の処にを捺しておられるでしょう」
オンチ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
お眼に障わったお詫びの印じゃ。今のキチガイ地獄の歌をば。印刷に起した斯様な書物を。お立ち会い衆へおちしまする。お金は要らないお願いしまする。持って帰ってお読みなされて。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
昨日来ました時、貯金と通帳と印章
死の前後 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
魏延、を現わし、その逆を伐つ日まではこれを開いて秘力を散ずるなかれ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
掟によると、偶数はいけないことになっていて、鞭の数はかならず奇数でなければいけないのですよ。
輿は、金箔と五色の泥彩で塗られ、大勢のシナ人がいで行った。刺繍のみたいな衣服を着た道士だの祭司がそれをり、前後には、竜頭の弔旗やが林立してゆく。
林子平じゃねえが、親もなければ妻もなし、妻がなけりゃあ子供のあろう道理がねえ。板木がねえから本を刷って売ることもできねえ。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
藁葺洒落れた門を入つて、右左に咲き過ぎた古木の梅を眺め乍ら、風雅な入口のを叩くと
崖頂まで大蛇の仲継をまにゃならぬとは不似合な話だが、呉の劉綱その妻氏とともに仙となり、大蘭山上の巨木に登り鋳掛屋風の夫婦で飛昇したなどその例多し。
顧うに、独逸の学、そのを極めざるにあらず、仏蘭西の教、そのを尽さざるにあらず。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
但馬守流石に、そんな些事して、一々死刑ゐることは出來なかつたが、掏摸なぞは從來犯以上でなければ死刑にしなかつたのを、れは二によると初犯からてて
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)