くろがね天狗くろがねてんぐ
師走三日 岡引虎松は、師走の三日をことのほか忌み嫌った。 師走の三日といえば、一年のうちに、僅か一日しかない日であるのに、虎松にとってはこれほど苦痛な日は、ほかに無かったのであった。そのわけは、旗本の国賀帯刀の前に必ず伺候しなければならぬ約 …
作品に特徴的な語句
嗤笑わらい しあわせ こざ 娶合めあ 弓町ゆんちょう 魂切たまげ かみ にわ うな おと 失敗しま たえ きら 平伏へいふく 御尤ごもっとも 悪性あくせい おろ こまね 相成あいな うなず おび 雪崩なだ ひと 与力よりき 亡友ぼうゆう 伺候しこう 先刻さっき 出奔しゅっぽん 動悸どうき 勿体もったい 半白はんぱく 印判はん いや ござ 吃驚びっくり 呪咀じゅそ 呶鳴どな わめ 多勢おおぜい おびただ 失踪しっそう 奉行ぶぎょう なぶ 岡引おかっぴき 岡焼おかやき めぐ ちまた 師走しわす 年月としつき 床杯しょうはい 徘徊はいかい 御上おかみ こら 愛娘まなむすめ なげ 憮然ぶぜん いただ 所謂いわゆる 手拭てぬぐい 扮装いでたち つたな 提灯ちょうちん から よう 故主こしゅ ほどこ 暗澹あんたん さら 末座まつざ しるし 此方こちら 湯島ゆしま 狸爺たぬきじじい 疳高かんだか 疼痛とうつう しび うかが すく 紅閨こうけい しぼ ふち すが あばら はら わき 腕利うでき 莫迦ばか 蒼蠅うるさ おお 虎松とらまつ 行人こうじん すべ たもと