“愛娘”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まなむすめ93.5%
あいじょう6.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“愛娘”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
文学 > その他の諸文学 > ギリシア文学20.0%
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
貴族院議員の愛娘まなむすめとて、最も不器量ふきりようきはめて遺憾いかんなしと見えたるが、最も綺羅きらを飾りて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
殺された一宮かおるは、××女学校の校長の愛娘まなむすめだったのであるが、教育家の家庭から不良児の出るのは、珍らしいことではない。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)
(ともあれ愛娘あいじょうの身を先に淮南へお送りあるなれば、充分、好意をもってご返答に及ぼう)
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「呂布は、反覆はんぷく常なく、書簡の上だけでは、とうてい信用できかねるが、もしこの際でも、愛娘あいじょうを送ってくるほどな熱意を示すならば、それを誠意のあかしとみとめて、朕も国中の兵をあげて救けつかわすであろう」と、いう返辞だった。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)