“実印”の読み方と例文
読み方割合
じついん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学校に縁遠い方だったものでえすから、暑さ寒さの御見舞だけと申すのが、書けないものには、飛んだどうも、実印しますより、事も大層になりますから、何とも申訳がございやせん。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と云いながら硯箱引寄せますゆえ、おいさは泣々を取り、に墨をり流せば、手負なれども気丈の丈助、金十万円の借用証書を認めて、印紙って、実印し、ほッ/\/\と息をつき
実印を忘れんように、と云ったまま、また、切れてしまった。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)