“実験”のいろいろな読み方と例文
旧字:實驗
読み方割合
じっけん50.0%
じつけん20.0%
エキスペリメント20.0%
エクスペリメント10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も、さんからきいたので、まだ実験してみないのだから、うまくできるか、どうかわからないのだ。ここに、っておいで。」
真昼のお化け (新字新仮名) / 小川未明(著)
面白げなる顔色千番に一番すにも兼合すやらの始末なりしに度々実験なれば理窟さず、今もなるべくと存候愈々益々なるべくと存候
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
ある哲学者の著書の中に、小説戯曲は倫理的の実験のようなものだという意味の事があった。
科学者と芸術家 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
即ち私の心的要素を種々の事情の下に置いて、揉み散らし、苦め散らし、散々な実験を加えてやろう。
予が半生の懺悔 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)