“千番”の読み方と例文
読み方割合
せんばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ち、泡立ち、逆卷いて、其邊海嘯せた光景一生懸命鐵鎖めて、此處千番一番んだ。
面白げなる顔色千番に一番すにも兼合すやらの始末なりしに度々実験なれば理窟さず、今もなるべくと存候愈々益々なるべくと存候
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
あれ千番一番
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)