真昼のお化けまひるのおばけ
光一は、かぶとむしを捕ろうと思って、長いさおを持って、神社の境内にある、かしわの木の下へいってみました。けれど、もうだれか捕ってしまったのか、それとも、どこへか飛んでいっていないのか、ただ大きなすずめばちだけが二、三びき前後を警戒しながら、 …
作品に特徴的な語句
ぷた こう 見上 はっ すく うえ 黒色くろいろ いそ はん きず つの りき せん なか ぽん 発見はっけん あか ほう から つか きゅう 往来おうらい かれ つよ ねん 落胆らくたん 小使こづか いえ はな よる そと ごえ がき ぼっ うん かさ きん ひら あいだ からだ 午前ごぜん かみなり 食用しょくよう 以上いじょう ゆう さき おと あたま ひか 人通ひとどお はい たよ 白粉おしろい うつく 縁日えんにち ほそ かみ はこ こた だい ふえ わら 空想くうそう 空中くうちゅう そら あな うつ 神社じんじゃ いそ みじか 着物きもの さわ 真昼まひる 燈火あかり とう もの 物置ものおき 特別とくべつ