“直手”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じきしゅ50.0%
ただて50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「送り状に、ご直手とございます。宛名のお方に、じかにお渡し致して、ご印判を頂戴いたします」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「これ、早速あれを受け取って、直手とある送り状へ、わしの印章をしてつかわせ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして駅にはもかわらぬ可哀い女がいただろうから、そこで、「妹が直手よ」という如き表現が出来るので、実にうまいものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
早馬駅堤井をたまへな妹が直手よ 〔巻十四・三四三九〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)