“直段”の読み方と例文
読み方割合
ねだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お登和さん、ホントに今て下すった松茸は良い品物ばかりですね。何故良い品ばかり揃えて直段を高くしてないでしょう。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
見て下さい。これで韃靼人に売れば、直段はわたくしのいふ通りになります。韃靼人といふ奴は、馬の好いのを、命よりも大切にしますからね。
日本人に少しも変らず、ヘロヘロといひて、猪口直段を付け居り申し候。その所へ障子をからりと明け候て、ロシヤといひながら大男入り来る。
空罎 (新字新仮名) / 服部之総(著)