塩原多助旅日記しおばらたすけたびにっき
いや是は若林先生、さア此方へお這入んなさい。どうも久し振でお目に掛りました。裏猿楽町二番地へ御転住になつたといふ事でございますから、一寸お家見舞にあがるんですが、どうも何も貴方のお座敷へ出すやうな話がないので、つい御無沙汰致しました。時に斯 …
作品に特徴的な語句
とツ ゑん あげ かく 女将おつかあ ふくろ 其様そのやう うへ たい つか 相応さうおう 其家そのうち 突放つツぱな いぢ 実父じつぷ ぶり ざい なくな とつ まへ 生地いくぢ まう たゝみ 仮令たとひ しよ しう だか いへ 左様さやう かへ くは をんな きふ おほ 墓参はかまゐ はう 書類しよるゐ しゆ 参詣おまゐり 田地でぢ 出入でい 翌日あした あひだ あづか とほ たま りやう あつま せん くれ ほん 暇乞いとまごひ 此寺このてら 武士ぶし かゝ すぎ 気丈きぢやう 両人りやうにん つひ 造作ざうさ 人力にんりき はふ つゝ 多助なすけ 生国しやうこく はじ 多勢おほぜい ぶん 田地でんち かしこま たい なに うしろ たづ めう あが ひで わし あた でん 嬢様ぢやうさま 円朝ゑんてう あたま つい 養父やうふ ひら 時半ときはん 早速さつそく 掛合かけあ 旅立たびだち