“勘忍袋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんにんぶくろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“勘忍袋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ついにゴンゴラ総指揮官の勘忍袋かんにんぶくろが切れ、警衛隊に命令して、金博士をオムスク酒場から引き立て、官邸へ連れて来させたのであった。
あはははは、神尾うじ、なア、済んだことは、済んだことではないか——ウウ、今ではナ、却って、わしら一同、貴殿きでんに同情を寄せておるのじゃ。いやまったく、貴殿が勘忍袋かんにんぶくろを切られたのも、無理はござらぬて。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)