独本土上陸作戦どくほんどじょうりくさくせん――金博士シリーズ・3――――きんはかせシリーズ・さん――
およそ新兵器の発明にかけては、今日世界に及ぶものなしと称せられる金博士が、とつぜん謎の失踪をとげた。 おどろいたのは、ここ上海市の地下二百メートルにある博士の実験室に日参していた世界各国の兵器スパイたちだった。 実験室は、きちんと取片づけら …
作品に特徴的な語句
種々しゅじゅ 退出たいしゅつ すべ がく 想起そうき 美味びみ きま きゅう ちなみ 街上がいじょう 波面はめん 水入みずい もと 樹立じゅりつ 何人なんびと 反復はんぷく ただ 問合といあ がい ひろ さいわ くだ 標題ひょうだい あらかじ こう 以来いらい のぞ 遺書いしょ 一時いちじ にわ たも 借間しゃくま 動静どうせい おっ たく 軍港ぐんこう 赫々かっかく 貫通かんつう くら ぬぐ 破片はへん 手近てぢ 如何いかん こな おさ 差支さしつか ふね 微傷びしょう いわ はな 海峡かいきょう はか 満腹まんぷく ようや くぐ つぶ かがや ねら 独楽こま 猟犬りょうけん 甲斐かい たた 疼痛とうつう さかずき 目下もっか 真赤まっか あお 碩学せきがく 秘港ひこう おだや とく 絨毯じゅうたん 続々ぞくぞく 縁起えんぎ 繰返くりかえ 開催かいさい かかと 身辺しんぺん くら 輓回ばんかい 通計つうけい つい 遠来えんらい 遺憾いかん 鄭重ていちょう 酩酊めいてい ボタン 錯乱さくらん 饗応きょうおう 頽勢たいせい 頭数あたまかず わし