“酩酊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めいてい93.9%
よつぱら1.5%
たべよっ1.5%
めんてい1.5%
よっぱら1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その夜私は、相憎他に会合があつたのでその方へ廻つたところ、不覚にも少々酩酊したため、狐の竹包をどこかへ紛失してしまつた。
たぬき汁 (新字旧仮名) / 佐藤垢石(著)
本當におめえてえなもなねえよ、けえから毎晩酩酊つちや後夜でもあねえつちやれるいて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
士「まえった、御免をる、酩酊しからん訳でござる、お詫を致す、おし下さい」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
林「ヒエ有難い事で、大層酩酊致しやした」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
多「五八は酩酊って居りやして、強情べえ申しやすが、が悪いでがんすから、どうぞ堪忍しておくんなさい、五八マア此方へ出なよ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)