“大酩酊”の読み方と例文
読み方割合
おおめいてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と其の夜は根岸のへ泊込み、酒肴で御馳走になり大酩酊をいたしてに就くが早いかグウクウと高鼾で寝込んでいました。
エーとも重々恐れ入りやした、田舎者で始めて江戸へりやして、亀井戸へ参詣して巴屋で一傾けやした処が、料理がいので飲過ぎて大酩酊を致し
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ういう訳で羽生村をお遊ばしたかと存じて御様子を伺おうと思って参った処が、数献傾けて大酩酊
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)