“錯乱”のいろいろな読み方と例文
旧字:錯亂
読み方割合
さくらん90.9%
しゃくらん9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さっき、二人の同僚に向っても、自分は、落着いている、決して、逆上してはいない——と広言したが、やはり心が錯乱していたのか。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒がねのはありとも、帰りてエリスになにとかいわん。「ホテル」を出でしときのわが心の錯乱は、たとえんに物なかりき。
舞姫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
(声をふるわす)死ぬることちかづくならば、かならず錯乱しては、だんまつの苦しみとて、五体はなればなれになり候えば、いかほど苦がのうてはかなわぬものなり。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)