“口許”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くちもと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すこ高過たかすぎるくらゐに鼻筋はなすぢがツンとして、彫刻てうこくか、ねりものか、まゆ口許くちもと
人魚の祠 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「君、あの顔は少し冷た過ぎやしないか。」と彼は遠野に云つた。それを聞くと彼女はふと皮肉な微笑を口許くちもとに浮べた。
静物 (新字旧仮名) / 十一谷義三郎(著)