“口上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうじょう76.4%
こうじやう18.1%
こうじよう4.2%
くちさき1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿屋へ帰っておいで」とかれは言った。「犬といっしょに待っておいで。あとで口上で言ってこすから(ことずてをするから)」
大入評判だ四だ五傑作ぢや大作ぢや豊年ぢや万作ぢやと口上咽喉らし木戸銭半減にしてせる縁日見世物同様
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
れが横町の三五口上はせよう、美登利さんれにしないかとへば、あゝれは面白からう、三ちやんの口上ならばれもはずにはられまい
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
君達も知つてるだらうが近頃縁日夜店に出てゐる大道競売屋、あれだよ。口上欺騙かしてく仕入れたいかさまものをドシ/\売附けて了うのだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)