“前口上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まえこうじょう66.7%
プロロウグ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“前口上”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かれらは決して各府県青年の代表という資格で集まって来ていたわけではなかったが、たいていは、立ちあがるとすぐ、りきみかえって「ぼくは○○県を代表して」などと、前口上まえこうじょうをのべるのであった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ここにいるこのお美夜みやちゃんも、おっかさんがどこにいるかわからないんだよ。おいらの両親ふたおやは、伊賀国柳生の者だとばっかり、皆目手がかりがねえんだが、もしお立ちあいの中に、心あたりのある人があったら、ちょいと知らせておくんなせエ。いい功徳くどくになるぜ。サア、夏のことだ、前口上まえこうじょうなげえと、芸が腐らあ。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
彼があんなにも悪を利かして望んだ伯爵の没落は、現実では、彼自身の没落の前口上プロロウグにすぎなかったのである。