エリザベスとエセックス
イギリスにおける宗教改革は、単に宗教上だけの事件ではない。それは社会的な事件でもあった。中世紀精神のカビが払い落とされると同時に、それにむすびついた革命が、同様の完成度と同様の深達度をもって、俗世の生活にも、権力の座の組織のなかにも起こった …
作品に特徴的な語句
ノオ フロント ばた シチイ 大将リーダー カラア 詭計たばかり 偉大グロオリ 親類ブラザア 麝香クスマ なが 大王キング 三位トリニテイ 伯爵アール ふた キイ ふせ 白塔ホワイトタウ 牢屋ひとや あや 離宮エスキュリアル 文体スタイル 流竄るざん 痛事ハンデキャップ たら 逡巡ためら おと 京童きょうわらんべ 対句カブレット 悪魔サタン 怪奇バロック さち 農兵カアン 実演セケル はかり 媚辞コケトリ いぶか 匪兵ガログラス 傴僂せむし さい 足掻あが 羽育はぐく 信経クリード とりこ 開きオープン 佝僂せむし 仮髪かつら やかた 騎士ナイト 骰子さい 骸殻なきがら 他所よそ せわ うった まど たわ ふみ 旧教カトリック 時化しけ 松明たいまつ かせ 怡々いい 深傷ふかで 艙門ハッチ ずる 独楽こま 生命いのち 由縁ゆかり かば おこり 皇子みこ 経糸たていと 緯糸よこいと てい