“兎口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みつくち83.3%
おさいぐち16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“兎口”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
兎口みつくちの百松は、見世物小屋の舞臺に、蝋燭らふそくを取つて立ち上がりました。
或時は、兎口みつくちの守っ子に変な様子を見せて町内の鳶の者に尻を持ち込まれたり、或時は名の通った博奕ばくち打の囲い者と逢引して牛死半生の目に逢わされたりしました。
百唇の譜 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
そこは兎口おさいぐちだつた。
逃げたい心 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
兎口おさいぐちから湯本の道は、片側が逞しい山の腹、片側が流れの色も定かに見えぬ断崖のあひだをうねうねと辿るところで、九十九折の山径であるが、もはや温泉も近づいた、とある曲路に差しかかつたとき、突然頭上の叢から頭以上の大いさのある岩石が風を切つて落ちてきた。
逃げたい心 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)