“兎原”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うはら50.0%
うばら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“兎原”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
由良の伝吉の裏木戸から、再生の一歩を踏み出した春日新九郎は、但馬街道を東にとって、生野から兎原うはら越えして檜山宿辺りへ来るまでは、ほとんどわき目もふらずに歩いた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
津の国兎原うばらの山下に小さい家を作って住んでいた彼に、やっと宮仕みやづかえする便りが訪ずれた。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)