猿ヶ京片耳伝説さるがきょうかたみみでんせつ
痛む耳 「耳が痛んでなりませぬ」 と女は云って、掌で左の耳を抑えた。 年増ではあるが美しいその武士の妻女は、地に据えられた駕籠の、たれのかかげられた隙から顔を覗かせて、そう云ったのであった。 もう一挺の駕籠が地に据えられてあり、それには、女 …
作品に特徴的な語句
ばた 母親かあ 父親とう くらま じいや 遭遇ぶつかっ 旅宿やどり 旅舎はたごや じき くく 誘惑そそのか 以前むかし 冒頭のっけ 夫婦いっしょ 実家おさと おのれ から 造作つくり おい 兇暴あら 季節しゅん 将来これから 招待 猟師かりゅうど 生活たつき 眼力 以前まえ 処女きむすめ 吃驚びっく 捕手いぬ 易者うらない 最初はな 上野こうずけ しもべ 前後あとさき わたし 幸福しあわせ 強盗おしこみ 恍惚うっとり 捕方いぬ 放火ひつけ 散々ちりぢり 新鋳しんぶき 棒端ぼうはな 浅貝あさかい 温泉 禿はげ おび 蛙泳かわずおよ 裸身はだか うたい ふう 餞別はなむけ 上総かずさ 下総しもうさ 下野しもつけ 主人あるじ 主屋おもや たお あだ 伝言ことづて そば つぐな 兎口みつくち 入浴はい 内記ないき 別館はなれ 匕首あいくち 向島むこうじま 呼笛よびこ 四辺あたり 因業いんごう 塩梅あんばい 安房あわ 実父ちち うち 小銭こぜに 巨大おおき 常陸ひたち 年増としま かす 幾歳いくつ 店子たなこ 彷徨さまよ 性質たち 悪漢わるもの 懐中ふところ 戸外そと ほう てのひら はす