“横風”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おうふう92.3%
アクロス7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敵の陣形は如何にも横風で、衝くべき虚がいくらもあるように思われたが、実際石を下してみると、つまらない所で蹉跌したりした。
愚かな一日 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
と、さも横風に云った。あまり好い心持ではなかった。何の必要があって、こう自分を軽蔑するんだか不平にえない。それで単に
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ワラタ「南西及び西の稍強風、横風
沈黙の水平線 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)