“浜町河岸”のいろいろな読み方と例文
旧字:濱町河岸
読み方割合
はまちょうがし83.3%
はまちやうがし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
捕物の名人、銭形の平次と、その子分ガラッ八は、そんな無駄を言いながら、浜町河岸を両国の方へ歩いておりました。
浜町河岸には今以て昔のように毎年水練場が出来ながら、わが神伝流の小屋のみは他所に取払われ、浮洲に茂った蘆の葉は二度と見られぬものとなった。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
水上バスへ御乗りのおさまはおさいませ。水上バスは言問から柳橋両国橋浜町河岸を一して時間は一時間料金五十御在ます。
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
浜町河岸の舟の中にります。桜川三孝。」