“偕老同穴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいろうどうけつ80.0%
かいらうどうけつ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人が偕老同穴った夫人の脳天の真中には真丸な大きな禿がある。しかもその禿が暖かい日光を反射して、今や時を得顔に輝いている。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
死ねば陰気盛んにしてれるものだ、それゆえ幽霊と共に偕老同穴を結べば、仮令百歳の長寿を保つ命も其のために精血を減らし、必ず死ぬるものだ
讀書なからず料理人の女房に勿體無きなどと見る人言合る程成ば吉兵衞は一方成ず思ひ偕老同穴からず暫時連添姙娠なし元祿二年四月廿八日の如く男子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)