“勿體”のいろいろな読み方と例文
新字:勿体
読み方割合
もつたい92.9%
もつてえ3.6%
もつてい3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それをふと、つたなりで、白米いてたべられるのは勿體ないとつてもいゝ。非常場合だ。……がずにはられない。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
婆等勿體ねえことすつからやうねえ、いや勿體ねえともだからこんで、それ證據にやんだ明日ぢやつる/\すつ奇態だな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
げやんなそつちににしてんだからいてやんだらそつちのがにしてろつちつたのよ、げなんざ勿體ねえな、さうしたらいきなり鐵火箸れことばして
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)