“雪見燈籠”の読み方と例文
新字:雪見灯籠
読み方割合
ゆきみどうろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひでスリツパで芝生んで、秋空睫毛して、やがて雪見燈籠にくづほれた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その茶寮の縁先からは、遠からぬ所の御行の松が、夜の空を摩してのぞまれますし、広い庭は、雪見燈籠空堀那智石も、落葉にまって冬ざれの霜の荒れにまかせてあります。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「その雪見燈籠の笠を見てくれ」