“雪見”の読み方と例文
読み方割合
ゆきみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして清は、近くの雪見中学校へ転校入学したのだった。彼は三年生だった。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
雪見洒落さへあります、とふ。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
雪見ぶね
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)