“袖垣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そでがき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“袖垣”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術理論 美学4.0%
芸術・美術 > 絵画 > 日本画1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
絞等しぼりとうの衣服の紋様もんように対して、なんら美妙の感覚に触れたる事なく、また縁側えんがわ袖垣そでがき障子しょうじ
浮世絵の鑑賞 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
何ら美妙の感覚に触れたる事なく、また縁側えんがわ袖垣そでがき、障子、箪笥たんす等の日本的家居かきょ及び什器じゅうきに対して
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)