露萩つゆはぎ
「これは槙さん入らっしゃい。」 「今晩は——大した景気ですね。」 「お化に景気も妙ですが、おもいのほか人が集りましたよ。」 最近の事である。……今夜の怪談会の幹事の一人に、白尾と云うのが知己だから槙を別間に迎えながら、 「かねがね聞いており …
作品に特徴的な語句
もう にょ ぬる つき 処女しんぞ 行方ぎょうりき もすそ 退しさ いい ぶた 一齣ひとくぎり やっ ほん つやや かたえ じろ わず がしら しずま 往来ゆきか あく さが さみ 不可いけね うしろ 彼方むこう はばかり しも おれ がたり 些少いささか 泡沫あぶく にじ 冷笑わら あやぶ 弁解いいとき こう へっ 寂然しん つらな ことば 虚構こしら さいな たなそこ おおき わざ もよおし やわらか 端緒はなお 矢張やっぱ とも 黒蛇くろくちなわ 彼処あそこ ゆき くわ 嬰児あかんぼ なまめ ふり 如何いかが そろい 墓地はかじ 枯葉かれっぱ 棺桶はやおけ 可恐こわ やっ あかり みた うっす びと におい さかさ わき つる へだて みま えり どころ つむり ふっさ かすか すすき まく 一人いちにん 引込ひきこ 行燈あんどう ひし 鱗形うろこなり 折端おれっぱし 謙遜へりくだ うずくま 彼方あちら 門口もんぐち