“そら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソラ
語句割合
65.7%
11.0%
4.6%
4.3%
3.5%
2.0%
1.7%
虚空1.0%
0.9%
曾良0.7%
天空0.6%
太空0.3%
暗記0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
蒼穹0.2%
0.2%
0.1%
中空0.1%
天中0.1%
天外0.1%
天気0.1%
天矢0.1%
天色0.1%
暗誦0.1%
気圏0.1%
0.1%
碧空0.1%
聖天0.1%
0.1%
蒼天0.1%
蒼空0.1%
0.1%
諳記0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『朝日新聞』にて『だき』をお書きなすってから、作風も筆つきも殊更に調ってきて、『空だき』の続稿の出るのがまたれました。
大塚楠緒子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
それより奥の方、甲斐境信濃境の高き嶺々重なりえての末をば限りたるは、雁坂十文字など名さえすさまじく呼ぶものなるべし。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「ふむ、余り殺生が過ぎたから、ここん処精進よ。」と戸外の方へ目をす。狭い町を一杯に、昼帰を乗せてがらがらがら。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼はくプログラムの表面を見ていたが、今の「木製の人形」に出ている十人のレビュー・ガールの名前を胸のうちにんじた。
間諜座事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しげにらむる常の樣子と打つて變りし、さてもすげなき捨言葉に、冷泉しくは思へども、流石巧者、氣をさず
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
講義になるとすると、私の講義はではやらない、云う事はことごとく文章にして、教場でそれをのべつに話す方針であります。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今度は、それが実に明白であるように私にも思われたので、彼がどうして彼等の怒りをせられるか私には想像がつかなかった。
十時を過ぎた頃、一呼吸かせて、もの音は静まったが、裾を捲いて、雷神を乗せながら、赤黒に黄を交えた雲が虚空へ、舞い舞いって、昇る気勢に、雨が、さあと小止みになる。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この調子で行くと御経の文句は、音とか漢音とか、なるべく解らぬようにんじた方がもっともらしく聞えていい。
「露やふる蜘蛛の巣ゆがむ軒の月」という曾良の句は、同じ元禄時代の作だけれども、この句に比すれば繊巧な点において遥にまさっている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
今請う獣に問え、さればに教えん、天空の鳥に問え、さらば汝に語らん、地に言え、さらば汝に教えん、海の魚もまた汝に述ぶべし。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
太空は一片の雲も宿めないが黒味わたッて、廿四日の月は未だらず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
……徒党を組んでの、押し借り強請りの薬が利きすぎ、とうとう幕府から、お触れ書きさえ出されましたっけねえ。あっしゃア、暗記で覚えておりやす。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
薫赫の氣は先づ面をてり。ヱズヰオの嶺は炎焔を摩し、爆發の光遠く四境を照せり。涼を願ふ煩心は、我をりてモロの船橋を下り、汀灣に出でしめたり。我は身を波打際にはたとしつ。
もよしざまにでて、らぬきたる、りつも、づぶれのまゝりし、しきなれば、これさへるばかり。をつかみ、辿りて、次第攀上る。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
つくない、正直にいってしまいな、手前が鼻薬を貰って、一角に頼まれて旦那を引き出したといってしまえば、命りは助けてやる、相手は一角だからを打たせる積りだが、何処迄も隠せば
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「この前、春木君に渡したハンカチは火に焼けて、三分の一しか残らなかったそうじゃが、わしはその文句をでおぼえている。ちょっとこの紙に書いてみよう」
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
其處よりたして、當藝の上に到ります時に、詔りたまはくは、「吾が心、恆はり行かむと念ひつるを、今吾が足え歩かず、たぎたぎしくなりぬ」
常に可忌しと思へる物をかく明々地に見せつけられたる貫一は、得堪ふまじくりたる眉状してに目をしつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
火鉢に片手をして、何をか打案ずるなる目をしつつ荒尾は答へず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
らぬ海鳥しくいて中空れてんでいました。
黒い旗物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
若草ながら廣野一面渺茫としてしなく、けてしろ/″\と天中はさしつたが、葉末かるゝばかり、提灯えないで
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
長官の梁中書は、それを一読するや、顔の色を失ってしまった。気魂、おののきふるえて、天外に飛ぶのだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜の八時ごろ、私はいつものようにお幸のもとに参りますと、この晩はから天気模様が怪しかったのが十時ごろには降りだして参りました。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
が、たつた一つ、屋根の頂點に、何處から飛んで來たか、蟲喰ひの稽古矢が一本、天矢が落ちて來た恰好に、箆深く突つ立つて居るだけ。
やがて能生を認めたるにて、天色に一変せり。——だ黒く、沖は真白に。と見る間に血のごとき色はと流れたり。日はまさに入らんとせるなり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その祖母なる人はものの記憶よかりし人にて「八犬傳」など芳柳閣の邊迄暗誦んじ居て、求むれば何時も高らかにして聞かせ給ひぬ。「平家物語」の幾章も亦かくしてわれは聞き覺えしなり。
鳥も棲まはぬ気圏までも颶風によつて投げられたらば
がしゃんと、食事をその上に、音をたててなげだした。
碧空の反射のなかにして、 うつつにめぐる鑿ぐるま。
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
坂口とビアトレスはフト目を見合せたが、二人は窓の外に眼をしてしまった。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
木々の芽のしづかなるかな蒼空の音
天の狼 (新字旧仮名) / 富沢赤黄男(著)
愛欲之中。……窈窈冥冥別離久長つて學舍でG師に教はつて切れ/″\にんじてゐる經文が聞えると、心の騷擾彌増した。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
太平記を拾いよみに諳記でやるくらい話がおもしろい爺様だから、日が暮れるまで坐り込んで、提灯を借りて帰ることなんぞあった馴染だから、ここへ寄った。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
だから吾儕も頭を痛めて居るのさ。まあ、聞き給へ。ある人は又た斯ういふことを言出した。瀬川君に穢多の話を持掛けると、必ず話頭して了ふ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
眠つてる、草ン中に倒れてゐるんだ