“太空”の読み方と例文
読み方割合
そら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太空は一の雲も宿めないが黒味渡ッて、二十四日の月はまだ上らず、霊あるがごとき星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
太空は一片の雲も宿めないが黒味わたッて、廿四日の月は未だらず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
太空は一片の雲も宿めないが黒味渡ツて、廿四日の月は未だ上らず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身もる程である。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)