鱗粉りんぷん
海浜都市、K——。 そこは、この邦に於ける最も華やかな、最も多彩な「夏」をもって知れている。 まこと、K——町に、あの爽やかな「夏」の象徴であるむくむくと盛り上った雲の峰が立つと、一度にワーンと蜂の巣をつついたような活気が街に溢れ、長い長い …
作品に特徴的な語句
むごた じみ おそ くっ とび かた 眩暈くら まる しわ 悄々しょうしょう 佇立つった あき ごん ぴるま かけ づれ 螽蟖ばった いさ そく じゃく 彼奴やつ 似合にあわ ぐらい まけ ばかり あつ 耳朶みみたぼ うすもの ほう 海面うなも かた ほとばし あた あが もと 露出ろしゅつ けん なに 俯伏うつぶせ くびす ちぬら へり まばら 片頬かたほほ もぐ 桜花おうか 喀血やっ 支度こしらえ あるい うしろ あいだ むご さす たく 躊躇ためら 蹌踉よろめ いぶ わか 見窄みすぼら はれ おい こも じま 皓歯こうし ため しみ 水吹しぶき よう うわ やみ 春生はるお 日盛ひざか さぐ たしか 園生そのう 孤子こじ 執拗しつこ