“衂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちぬ73.7%
じっ5.3%
ちぬら5.3%
5.3%
はなぢ5.3%
5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また別に『宝刀未だらず洋夷の血』とか『三たび死を決して而も死せず』とか、なかなかいうことは壮烈だけれども結局は云うばかりだ
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
突然血、吐血、下血、創傷再出血を起こして死亡した。これは還流血液中の血小板が破壊され、出血性素因を生じたものと思われる。兎での実験がある。
長崎の鐘 (新字新仮名) / 永井隆(著)
その、美少女の左の胸のふくらみの下には、何時刺されたのか、白い𣠽のついた匕首が一本、無気味な刃をして突刺っているのだ。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
母の仇は必ず討つと、彼はの日お杉に誓ったのである。仇の名は今やお葉の口かられた。気の短い重太郎はう一刻も猶予はならぬ、仇の血をるべき洋刃把出して、彼は身繕いした。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
檳「おお、大変なですぜ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
人間誰カ母ノ子ナラザル者アランヤ。アレ、御辺ノ情ニ対シテ、ク弓ナク、御辺ノ恩ニ向ツテヌルナシ。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)