“僞善”の読み方と例文
新字:偽善
読み方割合
ぎぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麥色の薔薇の花、の弛んだ重い小束の麥色の薔薇の花、くなりさうでもあり、くもなりたさうである、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
壓制僞善醜行うして、つてらしてゐる。てか奸物共衣食き、正義衣食する。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
惡徳と僞善とを憎み拔く名御用聞の血は沸々としてたぎりますが、えることの出來ない階級制度は、十手も捕繩も何うすることも出來なかつたのです。