“壓制”の読み方と例文
新字:圧制
読み方割合
あつせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
壓制僞善醜行うして、つてらしてゐる。てか奸物共衣食き、正義衣食する。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
喧嘩好きの少年、おまけに何時の一めてて、試驗らず最優等成績から教員自分高慢り、生徒自分壓制り、自分にはどうしても人氣い。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「何うかして、此の壓制の空氣を脱れたい。」
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)