真珠塔の秘密しんじゅとうのひみつ
長い陰気な梅雨が漸く明けた頃、そこにはもう酷しい暑さが待ち設けて居て、流石都大路も暫くは人通りの杜絶える真昼の静けさから、豆腐屋のラッパを合図に次第に都の騒がしさに帰る夕暮時、夕立の様な喧しい蝉の声を浴びながら上野の森を越えて、私は久し振り …
作品に特徴的な語句
あが 小路こじ ドアー こし 届出とどけ いつわり 昼間ちゅうかん こわ だけ 看客けんぶつ 破片かけ おのず きび 之幸これさいわい まる 呼鈴ベル ことごと ひさし 彼奴きゃつ かな 硝子がらす 腕利うできき ばか ちかづ はるか 頂部いただき 高田たかだ 一寸ちょっと 上野うえの 予々かねがね 人気ひとけ しか 光沢つや 共謀ぐる 凌駕りょうが りん 勿論もちろん 卓上テーブル 可怪おか やかま 四辺あたり 夕暗ゆうやみ よろ まさ 山下やました 岡田おかだ 平生へいぜい さいわい かど 微塵みじん たちま 恰好かっこう 恰度ちょうど はばか 成可なるべ 所謂いわゆる 手垢てあか 手繰たぐ 放逐ほうちく あらた すで いとま しばら 曲者くせもの 次第しだい ほとん こと 流暢りゅうちょう 流石さすが ようや しか さん はなは 田村たむら きず 皎々こうこう 看破みやぶ 真物ほんもの 神田かんだ 突然いきなり はず 箱根はこね ふと はだ