“倶々”の読み方と例文
読み方割合
とも/″\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぞなし居たり感應院が食事仕果し頃を計り寶澤も油掃除臺所へ入來り下男倶々食事をぞなしぬに一物ある寶澤が院主の方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と云われて、一旦母も拒みましたが、娘はかず、に丹治も倶々勧めますので、仕方がないと往生をしました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
四十にて炮烙にて是を金紙に包み鄭重らしくしておに密としければお常は金子を玄柳にしお倶々く禮を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)