十五年間じゅうごねんかん
れいの戦災をこうむり、自分ひとりなら、またべつだが、五歳と二歳の子供をかかえているので窮し、とうとう津軽の生家にもぐり込んで、親子四人、居候という身分になった。 たいていの人は、知っているかと思うが、私は生家の人たちと永いこと、具合の悪い間 …
作品に特徴的な語句
こうむ 悪魔デモン いだ かか きわ にぎわ かわ 嘲笑ちょうしょう 大月おおつき 木枯こがら ほと きたな れん 蟷螂とうろう きん 上州じょうしゅう 云々うんぬん もっ 信濃しなの 出逢であ いた 前橋まえばし 助六すけろく はこ 可愛かわい 可笑おか しか あき 呆然ぼうぜん 善蔵ぜんぞう うそ 嚥下えんか ささや 図々ずうずう 土産みやげ 垢抜あかぬ 天沼あまぬま 奥羽おうう やつ ごと 如何いか 妖怪ようかい 嫌悪けんお 実朝さねとも 居候いそうろう くず あらし かす 弘前ひろさき 怒濤どとう 悠々ゆうゆう 悶絶もんぜつ 憎悪ぞうお ある 所詮しょせん 所謂いわゆる 手許てもと いだ 指環ゆびわ 敷衍ふえん おの かた 暗鬱あんうつ いわ 本所ほんじょ 本棚ほんだな まくら 柏木かしわぎ こと 母子おやこ 気質かたぎ なんじ 浅墓あさはか 海豹あざらし さび 溜息ためいき しか わずら 煩悶はんもん 燭燈ともし 片隅かたすみ きつね 理窟りくつ