“善蔵”の読み方と例文
旧字:善藏
読み方割合
ぜんぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
直哉だの善蔵だの龍之介だの菊池寛だの、短篇小説の技法を知っている人も少くなかったが、昭和のはじめでは、井伏さんが抜群のように思われたくらいのもので
十五年間 (新字新仮名) / 太宰治(著)
んや老少不常にして、先年小幡仁三郎、藤野善蔵蘆野巻蔵、村尾真一、小谷忍、馬場辰猪等の諸氏をい、又近年に至りては藤田茂吉、藤本寿吉、和田義郎、小泉信吉、野本貞次郎
善蔵は?」
メフィスト (新字新仮名) / 小山清(著)