“小幡仁三郎”の読み方と例文
読み方割合
おばたじんざぶろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るとき塾の小幡仁三郎と誰か二、三人で散歩中、その廃刀を何処かの壮士に見められて怖い思いをした事もある、けれども私は断然廃刀と決心して、少しも世の中に頓着せず
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
んや老少不常にして、先年小幡仁三郎、藤野善蔵蘆野巻蔵、村尾真一、小谷忍、馬場辰猪等の諸氏をい、又近年に至りては藤田茂吉、藤本寿吉、和田義郎、小泉信吉、野本貞次郎
時に本塾の教員小幡仁三郎(小幡篤次郎の実弟。明治四年亜米利加に遊学中不幸にして同六年彼地に物故。)この事を聞き、走て塾の広間に出て、顔色を変じ目をらして同窓の諸友に告て
故社員の一言今尚精神 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)