“善根”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぜんこん92.3%
ぜんごん7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父は善根の深い人で、四国、西国の霊場を経巡遍路の人達のために構えの一棟を開放し善根の宿に当てていた。
抱茗荷の説 (新字新仮名) / 山本禾太郎(著)
美女にもしげに……まれてふ、善根功徳仕遂げた微笑みながら、左右に、雪枝老爺とを艶麗て、しい目配せした。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「馬鹿な。お前が善根するのに、なぜまたが礼を言はんければならぬのか。」